子連れワークスタイル実践中

母・娘・ときどき妻 一人三役 合同会社 Respect each other 代表 天野 妙です。

待機児童の0歳児を抱えて、東京の街を営業して回っています。

#子連れワークスタイルと名売って、今どきのママ風で、いい感じ!?

イメージは、しなやかに、エレガントに、さっそうと東京の街を闊歩。

・・・・したいのですが、現実には7キロの子どもを抱っこして、商売道具・と子供のオムツ、着替え、授乳ケープをもって歩いているので、約10キロほどを体にぶら下げてる感じ。 (地下鉄でベビーカーの移動はほぼ無理)

肝っ玉母さんが子連れで行商中という絵になっています。(↓ほとんどこんな感じ)

保育園に入れないということもありますが、

・働き方改革を10年やってきた自負

・新しい働き方に挑戦するという意義

・待機児童問題を世の中にアピール

という狙いもあります。

でも、子連れワークスタイルが可能なのは訪問先企業の理解があってこそです。

訪問先企業の対応は様々。

子連れ、全然OKですよ!

と打ち合わせ中に授乳させてくれる会社もあれば、

お子様を打合せ室へ入れるのは・・ご遠慮ください

と仰られる場合もあります。

で、今回は先方が子連れお断り企業の訪問。

日程は先方ありき。

ところが、シッター及び一時保育が確保出来ませんでした。

(というか、一時保育は全く取れない。。。。)

というわけで、母に訪問先近くまで一緒に来てもらい、2時間最寄りデパートでブラブラしてもらう子守をお願いしました。

(※母、美和子は軽度の認知症)

今の美和子さんにとってはちょっと難易度が高いミッションかも?

と思いつつも…ギリギリの緊張感は海馬に良い影響を与える。

と自分に言い聞かせ、お願いしました。

時間ピッタリに打合せを終え、ビルを出たところで何度も電話するけど出ない。

迷子の呼び出しでもするか・・・と思って、デパートに向かって歩いていたら、見覚えのあるベビーカーが・・・・(デパートの)外に出てるじゃん!!!

あっぶなーい!

迷子の呼び出ししても捕まらないところでした。

ま。結果ミッションコンプリート!

母とお出掛けで、オシャレして、ランチ。

デパぶらもでき、何だかよかったかな?

(こういうところがポジティブな私)

しかし、この作戦は次は無理かもなぁ?

別の作戦を考えなくては。

子連れワークスタイル、背中の筋肉もそろそろ限界に。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Blogger Social Icon

© 2017 by Respect each other L.L.C.