無くなった87万円

母・娘・ときどき妻 一人三役 合同会社 Respect each other 代表 天野 妙です。

最近の美和子さんの鉄板トーク。

「太郎さんの部下の方から頂いたお香典87万円ってどうした?」

太郎さん=祖父が他界して4年も経つし、今さら香典を持ってくる人もいない。

なのに、母曰く昔自衛隊の連隊長をやっていた祖父の部下が87人×1万円集めて持ってきたというのだ。

私が仕事で外出中、たまたま叔母(母の妹)も立ち会っていたと。

最初は、本気にして一緒に探してみたものの、冷静に考えてみると94歳で亡くなった祖父は生きていたら98歳。

いやいや、部下も大半がなくなっているだろうし、87万円もする現ナマを仙台から見ず知らずの人が持ってくる訳もない。

叔母にも電話して確認したけど、そんな人来てないよ。と。

ははーん。さては夢を見たな?と思って。

「母さんそれはたぶん夢じゃない?」と言っていた。

この2週間そのやり取りを何回となく繰り返し、最後はいい加減話すのも面倒になってきたあたりで・・・・

「妙が持ってる(隠してる)んでしょ??」

と言い出した。

これは久しぶりのカウンターパンチ!

既に叔母にも電話して、何度となく説明してもらっているのだが、もう一度電話。

母はとってもいい人で、誰かを疑うということを知らない人。すぐに騙されちゃうタイプ。

なのに、この病気はこうなっちゃうんだなぁ・・・・とつくづく。

これをユーモアに変換するにはどうしたものかと思案中。

「そうなの~。87万円もらっちゃったー。お母さんにも何でも買ってあげるよ~(^^♪」

と言ったらどんな展開になるのか? 今は、妄想して楽しむことにしました。 (香典袋の束ってこんな感じ?↓ほんま、出てきてほしいわー)

香典袋の山ってこんな感じかな?と妄想。本当に出てきたら嬉しいんだけどな。


特集記事
最新記事