• Blogger Social Icon

© 2017 by Respect each other L.L.C.

夫に子守を任せて男について学ぶ

October 30, 2016

 

夫の元職場のハロウィンにイベントに我が家の魔法使いを参加させ、

 

その間ママは、新進気鋭の社会学者田中俊之さんの『男働き』講座へ。

男性学って分野があるんですが、ご存知でしたか?

https://jinjibu.jp/article/detl/keyperson/1061/

 

 

現代社会は女性だけでなく、男達も生きにくい社会なんですね。

(利権を握っているひと握りのおじさま達を除く)

参加者は大学生から初老の男性まで男性8割。約20名。

男子学生までもが、男性の生きにくさを感じて参加されているという事実に、コトの大きさを感じました。

 

ワークショップでは、苦しんでいる男性方の吐露を聞き、

私の総論としては、男女限らず、
「自分が持っている性別による思い込みが、自分を苦しめている」
ということを改めて感じました。

 

男らしいって何だろう?

女らしいって何だろう?

改めて考える良い機会となりました。

 

講義の最中、一番笑いを誘っていたのが、私も良く使う定番のネタ。


「『男性は体力的に女性よりも優れている。』と言う男性がよくいます。

でも、それは平均のお話。
性差よりも個体差の方が大きい。
なぜならこの会場にいる、男性が全員かかっても吉田沙保里さんには勝てないでしょ。」
でした。

 

個人的には、田中先生が奥さんに対する言動での諸注意で、

「奥さんに『で、結論は?』とか言ってはいけないんです。会社じゃないんですから」

と言う先生のコメントにドキッ!としました。
 

いつも私が夫に言って注意を受けているよ・・・・・(笑)

 

そんな話をワークショップの最中に向かいの女性話したら、

そちらも同じみたいでした。

「男性学」に興味を持って参加する時点で男性寄りなんですね。。。ははは。

 

田中先生のお話は大変面白くって、これから注目の人になると思います。

真を食っている。でも、最後はウィットな笑いというシニカルなところが、個人的にはツボに入り、ファンになりました。

 

秋は学びの季節ですね〜。
 

良質なインプットをして、クオリティの高いアウトプットを提供したいと思います。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

少子化の原因は・・・女性の社会進出?

December 22, 2016

1/3
Please reload

最新記事

January 5, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索