• Blogger Social Icon

© 2017 by Respect each other L.L.C.

夫の誕生日からの…RSウィルス

September 20, 2016

母・娘・ときどき妻の一人三役 Respect each other代表の天野妙です。

2016年5月に第3子を出産したものの、東京の保育園事情により、子供を預けることはほぼ不可能。

 

かと言って認知症の母に子守りを頼むわけにもいかないですし、ベビーシッターさんが認知症の母と一緒に過ごしてくれる訳もなく、割り切ってウェアラブルな子育てをしようと毎日挑戦しています。
 

しかし、営業先にも子連れで行き、社会活動にも子連れで参加し、ウェアラブルな子連れワークスタイルを実践しておりましたが、少し連れ回し過ぎたようです。
 

生後4ヶ月を目前に、なんと、恐怖の『RSウィルス』陽性反応

。。。。

夫の43回目の誕生日を祝ったところまでは良かったのですが、

なんとなーく不穏な咳を繰り返す次女。

 

次女は生後三か月でRSウィルスにかかり、1週間入院した実績の持ち主。

(RSは免疫ができないそうです)
 

子供が入院する場合、母は24時間監護必須。

よって、1週間泊まり込み。

3×7日=21食コンビニライフの緊急合宿の悪夢がよみがえります。。。

-----------------------------------------

当時、ノロウィルスが流行っていてお腹を突然嘔吐下痢になった(入院中の看病中)私。

夜中に、看護師さんに

私「すみません、私がもしかしたらノロウィルス感染症かもしれません」

と言うと、絶句した看護師さんは。

「・・・・・とりあえず、病室内から出ないようにお願いします」

私「あ、でもトイレは行きたいんですが」と言うと、

看護師さん「じゃ、トイレだけ」幅30センチで長さ120センチの小さな簡易ベットに横たわり、水とビニール袋を大事に持っていました。(結局、ノロではなくて胃腸炎だったみたいです。コンビニ弁当食べ過ぎですね。)

-----------------------------------------

 

 

三女はそろそろ母乳の免疫移行が切れる頃。。。。

イヤーな予感はしていましたが、土曜日頃から三女も咳をし始め、昨日小児科に行くと・・・
「RSウィルス陽性です」とな。

 

まだ入院レベルとまではいかないですが、ここらが山場。
という訳で、エルゴでウェアラブルな日常を家庭内で過ごしております。
天気も体調も回復してほしいなぁ・・・。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

少子化の原因は・・・女性の社会進出?

December 22, 2016

1/3
Please reload

最新記事

January 5, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square